FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/01/15(木)   CATEGORY: 自由詩
うたた寝
木枯らし騒ぐ 窓
カーテンに木々の影 映りざわめく

暖かな部屋 
電気ストーブが赤い 
鎮まる物らに囲まれて 
空気が眠る
旭日射す

「山遠く銀嶺の風吹く街に」

立山連峰を見晴らす街
青く遠のく山体 眠り
無言の銀嶺 紫に輝き
圧倒的な存在を知らしめる 連山
静かに山麓の都市を包み込む

アーケードの下に商店が並び
電飾に飾られ雑踏が絶えず流ている
車道から曇天の空見上げれば雪の降る

そこに乞食のような格好をして
長い杖を持ち
歩む


憧がるる霊 漂泊の魂
まるで仙道の導師のように飛んでゆく

暖かな炬燵でうたた寝の瞬時
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.