FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/01/12(月)   CATEGORY: 自由詩
月の音
月の出が遅くなって

月光が細く熟れはじめると
満月の熱狂が恋しく思われる

冷たい光に微熱して 謳った
銀光は金属の肌ざわりで 熔けた
この魂のざわめきが

満月の色彩は朧なグラデーションに消えて
宴の残音は痩せ始めた この光に寂しく反響する

ゆっくり ゆっくり 衰退してゆく 夜の光

都市の夜景は
相変わらず奇麗で
地上に星星が降りて来たようだ

そんな東南方向に広がる夜景と月

遅い月の出は収穫の時
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.