FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/01/11(日)   CATEGORY: 自由詩
この太陽 この青空
全天の半分が
この太陽の光で圧倒されて
青空の透明感が増す
枯れ枝に太陽光は懸かり
直視できぬ もどかしさ

潮のごとく逆巻く直射光
日差しは小さな部屋を満たし始めて

また静かな一日を始めよう

昭和初期のモダニズム詩人が気になっている
吉田一穂 安西冬衛 竹中郁
それから「四季」「コギト」の連中
立原道造 三好達治 伊藤静雄
下って 野村四郎
ノーベル賞もらい損ねた西脇順三郎

この愛すべき詩人群
感覚が健全で感性がしなやか 陰りがない

彼らの描写は都市も田園も海も輝いている
活字に光が閉じ込められていて はち切れそう
まるで個性の花咲く広野に招待されたよう

「緑の草原の風」「鋼鉄とガラスの構成物」「野薔薇の囁き」

乱れた感覚を蘇生させるために利用する

心を整えよう

彼らの言葉で

そして謳おう

この太陽  この青空
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.