FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/01/02(金)   CATEGORY: 自由詩
雲形の魂
都市の空 鈍く 射光を発し
緩慢な雲 白く カルマ吹く

夜景は開放を予感させて
私は空の人

今 自由の夜
音も無く
魂は暗闇に走り去る
思うさまに飛び散るから

夜の静寂が益々深まり
光が爆発している
魂が破裂する
静かな夜に

憧れた心に
見知らぬ異地を彷徨う
夢幻の昏 線画 透き通る
この眼球とインターフェイスの間

都市に浮かび
照らし出された
住人らのカルマは雲形

夜の都市に浮かぶ鈍い光の 雲

人人らの魂 雲に似ていて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.