FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/12/27(土)   CATEGORY: 自由詩
許し
許しがなければ
この世は地獄の永遠の流転

許しがなければ
君らは稜線から滑落する登山者

パンだと言って石を与える
親がいるだろうか
皆 良かれと思い
君に与えた (親の基準で)

パンを与えたつもりが
君には石だった 事実
事実は過去は変えられない

しかし利発な君は許しの意味をわかるはずだ

もう許してやれ
もう・・・

悲劇の上の悲劇を積む
憎悪に憎悪を上塗りして
坂道を転げ落ちる雪だるま

もう許してやれ
もう・・・

出来る事がなければ
日に2-3度
笑顔をみせてやれ
「ありがとうの」の言葉を添えてな・・・

ああ君がそんな振る舞いを親にみせたなら
笑顔で「ありがとう」と言えたら

彼らの喜びはどんなものだろうと
このキーボードを打ちながら
想像するよ!

イマジン イマジン
暖かな心が・・・
世界を   変える
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.