FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/12/26(金)   CATEGORY: 自由詩
イマジン
鳥たちの大空
飛翔の悦楽を感じている
黒き鳥影
現実を裂き切り

想像してみよう
君の老後

黙したまま
君の下着や靴下を洗ってくれた
腫れものにでも触るように
三度のご飯を用意してくれた


母 母は無く
遺影を見つめる目は・・・


父よ 貴方とは口論ばかり

ドアをバタンと閉めると
怒りの感情にまかせて
健忘症になるための 読書 
逃避のための 読書

イマジン
イマジン
父よ 今は何も語らない
無言の遺影に朝日が射す

想像してみよう
孤高と孤独をはきちがえた私

想像してみよう
君の老後

人と直接会話したのは何時?
孤独の部屋には
いつ果てるとの知れぬ砂漠が広がって
父母の幻影でいっぱいだ

君が父母の歳になったとき
どんな事を考えているのだろう?

想像して!
イマジン イマジン…
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.