FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/11/03(月)   CATEGORY: 自由詩
宮古島ーB
海に近い街街はひっそりと
       白昼夢紡ぐ昏い窓窓


海風を聞いている漂泊に果てた街に
            窓辺の明るい家がある


時空はかなくて風の流れに身をゆだね
          ひっそりと海辺の白に佇む


機嫌のいい海風そよぎ
       蝶を乗せてどこまで行こう


白い浜辺 体をくすぐる11月の波に
          水際を歩き続けよう 君


言語で客観化し 捕らえた! 大系の結晶体
            改まる生命の染み出る体液も結晶なり
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.