FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2015/05/05(火)   CATEGORY: 自由詩
村里
海辺の村の静かな一日
穏やかに風も吹かず
曇天の滴る雲

海のエーテルが
大気に満ち満ちて
龍宮に居るように
湿度が濃い

サトウキビ畑にヒバリが鳴き
イソヒヨドリは相変わらず
家の周りを我が物顔に飛び回り
その美しい声を聞かせてくれる

たまに舗装道路を軽が通る
静かに過ぎる
村里の午後に
NET RADIO

読みさしの本が胸に落ち
午睡の波が押し寄せて
寝息が部屋を満たす
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.