FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2015/02/24(火)   CATEGORY: 自由詩
マンモン 金の神へ
踊れ踊れ 黄金の亡者。
黄金に惑いて迷いの森で、
踊り踊って 踊りに狂い、
時を忘れて 畑を枯らせ。

転がれ転がれ 黄金の亡者。
黄金に酔いて迷いの森で、
転げ転がり 地の奥底へ、
その身を打ちつけ壊れてしまえ。

汝を待つは地獄の炎。
其は愚かなる痴れ者の集り。
汝を待つは黒金の針。
其は愚かなる痴れ者の宴。

ここに来たらば 無限の黄金。
闇に波打つ 煤けた黄金。

歩け歩け 黄金の亡者。
黄金を求めて迷いの森に、
歩み歩んで 歩みに疲れ、
黄金の前に伏して額突け。

惑い酔い痴れ、求めて従え。
彷徨い続けて倒れてしまえ。

我が名はマンモン、黄金の君主。
闇に住まいし黄金卿。

汝らは強欲に生きた罪で有罪である。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.