FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/10/08(水)   CATEGORY: 自由詩
戦国の宗祇
時雨れてもレインコートは発水性
        秋晴れ続きの過去を惜しむな


胸部レントゲンの透いて見えるビルディング
         脳髄はエレベーターで上下し排泄もする


血で血を洗う戦国に宗祇 連歌して水墨画
          淡々と読むは生死の性 飛び越えて


床の間の水墨画に返り血飛びて
         戦乱の首の重さの血塗りで自由


暗黒舞踏が気持よくなる年頃に
           私の左手にはバイロン詩集があった


始めから煮詰まってる どん詰りダミー日本国
              型 猿まねで人間の個性は


型つくる人間個性を嵌め込んだモザイク!
        ハッ ハッ ハッ大人になったと褒められる


Show me! 鏡の貴方の決意
       我武者羅に謳うとだけ答えよう


自らを鼓舞するのみぞ謳おう己
        信ずる未来を師匠とともに
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.