FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2006/11/09(木)   CATEGORY: 自由詩
夜の陰画
闇の透き通り始めた陰画は
宵宮の日の真夜中に
電信柱に貼り付けられた

霊視と解析の挙句の果て
夜は解体され統合され

果てしない陰画の夜は
たるんだ夜空に掲げられ
黒い光に たなびいた

夜の陰画が掲げられた
路地の掲示板に気配が漂う

野獣が鼻を利かせ にじり寄る
どす黒い欲望の有機体のゆがみ
そして獣のさがは分泌物に溺れる
酩酊のよどみに喘ぎつつ
陰画に邪視を乱射する
 
誰として 歓声を上げるでも無く
暗い路地の掲示板の前を通り過ぎる 

その冷たい足音 夜を目覚めさす
彼らの蹴る舗装道路の下から

白光の天使たち 生成し
夜の陰画を祝福する
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.