FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/07/23(水)   CATEGORY: 自由詩
鎮まる地と沈める空
虚ろな気だるさが
重い腰をあげて支配し始めている

大気が大きな欠伸をしながら
そっとこの地に潜り込み
寝息を立て始めると

羽毛に柔らかく包まれた小鳥が止まり木でさえずる

大地に溶けそうな体をそのままに
水のように浸みこますと
この地が鎮まる
供儀のようなごろ寝

こうして空を見つめて
雲の流動を見つめて
無音の逆巻く風が吹いる 
この大空が今にも地上に接触し
雲の片鱗が地上に落ちそうだ
空は沈み 雲は落ちる

だから
確かに龍神はいるようで
コップ一杯の水と香を供養する

気だるい欠伸の鎮まった大地に
空の流動を沈めて

雲よ大地に触れよ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.