FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2014/01/20(月)   CATEGORY: 自由詩
夢博士の独白
三日月と金星 明るい都会で見える星それは
空に穴が空いて天界の光が漏れているのだ


青く遠のく扉 開く日は太陽光が射し込むと
湿った地面を乾かして蒼白の子供達が夢を植える


ベッドの上で吸う息 吐く息をゆっくり数えて
今から霊界のカーテンを開くその魔境の世界へ


夢博士の独白に唯一の現実と思っているこの世界に
独立した小島のような事実があり 夢の大洋が手を伸ばす
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.