FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2013/11/11(月)   CATEGORY: 自由詩
読むべき本
主は言われた。

「行け、この民に言うがよい

よく聞け、しかし理解するな

よく見よ、しかし悟な、と。

この民の心をかたくなにし

耳を鈍く、目を暗くせよ。

目で見ることなく、耳で聞くことなく

心で理解することなく

悔い改めていやされることのないために。」

私は言った。

「主よ、いつまででしょうか。」

主は答えられた。

「街々が崩れ去って、住む者もなく

家々には人影もなく

大地が荒廃して崩れ去るときまで。」


まるで今の日本じゃないか!
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.