FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/06/29(日)   CATEGORY: 自由詩
雨の木の影
そして雨に濡れた
木は影さす

雨の木の影は遠景の都市を覆い尽くし
雫の滴りが大地に潤いを与えていた

雨雲の空
そそり立つ木々には滋潤
幹には伝う雨

影が色濃く大地に降りる
滲む街のイルミネーションの影

私に影のように寄り添う
雨の木の影が確信を与えてくれるから

木々は寄り添ってくれて
影が抱いてくれるから

静かに雨の日の街路樹の道を歩く
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
おはようございます
星月 冬灯 | URL | 2008/06/30(月) 10:13 [編集]
有難うございます!
では、早速リンクを貼らせて頂きますね。
どうぞ、宜しくお願いします。
立原道造、名前は聞いたことあるような・・・
是非読んでみようと思います。教えて
頂いて有難うございます。
泉鏡花、読破したことはないので、時間が
あったら全作読みたいとは思ってます。
個人的には、太宰治が一番好きですが(笑)

詩の題名も素敵ですね。言葉と言葉の間を
読むと深いなあと思いました。
文学はいいですよ!
詩人の血 | URL | 2008/07/01(火) 10:16 [編集]
ゲーテ、ヘルダーリン、リルケ・・・
ドイツ文学、個人的に好きです!
図書館にでも行って、読んでくださいネ^^

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.