FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2013/07/25(木)   CATEGORY: 自由詩
コヘレトの言葉
10章14節〜17節

愚者は口数が多い。

未来のことはだれにも分からない。

死後どうなるのか、誰が教えてくれよう。

愚者は苦労してみたところで疲れるだけだ。

都に行く道さえ知らないのだから。



いかに不幸なことか

王が召使のようで

役人らが朝から食い散らかしている国よ。

いかに幸いなことか

王が高貴な生まれで

役人らがしかるべきときに食事をし

決して酔わず、力に満ちている国よ。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.