FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/06/16(月)   CATEGORY: 自由詩
大きな雲の切れ間から
この広野の緑
太陽と空

黙ったままでこの手で触れられそうな
あれは黒雲 これは白雲

青空の透明な胸から
まるで物語のように
ナイロン糸で吊るされた 雲の形態

君に確かに語っている
天空の地形図

二人 もの言わず
繊毛の緑の草々の香りを
秘密のように胸にしまっておいたままで

大きな雲の切れ間にじっと耳を傾けて
この 太陽と空と雲らの行方を見とどけよう

輝きの青の白のそして黒
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.