FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/06/13(金)   CATEGORY: 自由詩
夏の押韻
あなたと過ごす
また夏が巡り来ます

松林の間から
輝きで溢れた
あの海を望み

ほら きらきら輝いて宝石のよう

見つめる海の予感で心がはち切れそう

遠い砂浜には
昼顔が群生して
海風に遠く揺れて

あなたは霞む水平線をみつめ
軽やかに その長い髪はなびいて
僕の記憶のかなたへ流れゆく

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.