FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/06/01(日)   CATEGORY: 自由詩
小鳥
小鳥が木々の間でさえずる
東からの陽光は力いっぱいカーテンを押し
木と木の間の陽だまりの陰
微弱な風に誘われ 揺れた

飛翔の者
その素早い軌跡をガラス戸に焼きつけ
さえずりは空に昇り ふりまき
滑空の余韻 音波は寄せ来る

木々から木々へ
この両の手に収まる
デリケートな生命体は
空間ベクトルの権化
移動し続ける

空の飛翔の小鳥
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.