FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2013/01/22(火)   CATEGORY: 自由詩
呪詛と祈り
思想の纏足共産主義は妬み嫉みで出来ていて
思想に合わせて手足切る


自由と言論を叫ぶ声は世界を巡り
アメリカ本土へも届く自由の牙城へ


アメリカが大国でよかったよ自由がある叫びがある
各々の責任を負える自由がある


一つの言葉を追求する突破口は専念する地面から
湧き現れてやがて頂上へととどく


共産主義者 官僚君たちのためには聖書に照らして
祈ってあげることしかできないこの冬晴れに


許しと呪詛を行ったり来たり定まらぬ我に
小鳥たちは空き地でチュンチュン鳴く


ネット上皆仮面を被ってキーボード
叩く音のみ部屋を満たして


僕は起きて祈って食べて読んで
外出して本を買い祈って眠る


天国には色々な人々が居ていい元悪人
元官僚体の弱い人プロレスラー色色
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.