FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2013/01/14(月)   CATEGORY: 自由詩
徒然に
地の底に通ずる井戸に鶴がいて
悪を見つめけたたましく鳴き渡す


神のため幾つの賛辞をすればいい有翼の太陽よ
言葉を尽くしても追い付けぬ永遠の漸近線


銀河の中心に座したまま見つめている
永遠の旅人人間の善悪の行方


水辺は澄んで静まり返っている映るべき心は
自然美と共にあり雪を抱く山脈だ


父は在天の父 母は仏陀 子は民衆
ごくごく普通に生き抜いている庶民こそ王様


私は色も形も無く清らかで透き通っている
満月のような日もあっていい ああ心が綺麗
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.