FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/05/10(土)   CATEGORY: 自由詩
雨に煙る 街 街
時雨れて 灯る

電飾の街に
密かに流れている 音楽
それぞれの想いに

灰にむせぶ
軒の低い 並びに

人 人は傘に身を寄せて 通り過ぎ

雨足に歩道は すっかり

足音と雨音 消えてゆく音楽


時雨れて 時雨れて
この曇天に雨粒

そーと 魂が憧れて
街並みを流れてゆく


華やぐ 店 店

電飾が滲む
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.