FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/12/26(水)   CATEGORY: 自由詩
夢見の彼方
空のインク壺から青いインクに浸しているペン先
純白の羽根ペン 今はボールペンに変わり


鏡を地上に置いて映り込む空と大気に
不可思議な自分の顔に不敵の微笑みが浮かぶ


文学部の連中と草野球をしてゾーンいっぱい
ストライクを投げると金メダルだと騒がれている


長方形の部屋に丸い鳥の巣のような
cdと本の牙城を築いて静かに眠っている


ムー大陸の飛行機の推進力は植物が
発芽する時のメタモルフォーゼがエンジンを起動させた


念力を集中して逆三角形を直立させている
ムー大陸の幼児教育では道徳一番以下フォスー


蝶を手のひらに止まらせて囁いてみて
一陣の風が起こって蝶を運び去るから


知識が一歩進むと道徳的に三歩進む美しい
理想社会が正義と秩序がやって来るアメリカよ


天国はあなたがた一人一人の心の中にあると言った
Traffic60年代のROCKは哲学だった
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.