FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/12/26(水)   CATEGORY: 自由詩
夢見の行方
何の変哲もない寒い曇りの明け方
貴方は燃えて私と手を取り合って
グランドキャニオンを飛び降りる


青草の生えた沼に白馬優しい目をして
草をはみたてがみを揺らし疾走を夢見て


野放図の中国共産党員に燃えて怒りを爆発させて
灰になり猛り狂う前世王だった存在


肩まで伸びた長い髪膝までのゴム長靴
神が葡萄の園を手入れする時の姿は完璧だ


錆び付いた扉を開け ガラス張りの地下階段を見ると
地獄の業火で真っ赤に焼け爛れた苦痛の顔
亡者らが 悪う御座いました と罪を詫びている


ローマ風の真紅のマントを着た若い将校
湖面を静かに見つめ 神に忠誠を誓っている
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.