FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/10/22(月)   CATEGORY: 自由詩
百の太陽
百の太陽身にまとうキリストは
         在天の父のごとく生者と死者を裁けり


種が次々に絶滅してゆく地球に
       人類満ち満ちて神の如き人らドラマを演ず


水晶に月光集め昼に放出するのは
        エネルギーの透明な優しさから


寝入る前銀河の川辺で手枕し
        大気を吸って眠りは一つ二つと数えるもの


霊知を身につけるのもシュタイナーの書物から
          奉仕の精神と公平さ努力続ける長い時の旅人
      
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.