FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/04/21(月)   CATEGORY: 自由詩
縫合する
まともな感覚
正しい事は正しい
悪は悪と言い切り 思い切る

感覚が狂わされ
魂がギタギタに切り裂かれている

善良な魂 保つ者よ

テレビを静かに 消せ

音に飢えたら ベートーベン
小説は『戦争と平和』しか 知らない

知る必要は無い

虚報ばかりなんだ・・・

ニュースで何が取り上げられ何がボツになるんだ
誰かが決めてるだろう

全てのチャンネルが同じニュースを流す それって・・・

なぜチャンネルの違いが出ないか
素朴な質問 誰が答えるべきか

改めて報道の自由とは・・・
デマゴーグに対する制裁は・・・

政治は失望が売り
その間隙に官僚がせいぜいのさばるから

この世のあらゆる事が嘘で塗り固めていて
己の保身に汲々として
殺伐とした 光景

信ずるもの 信心 信仰
宗教的なるもので己の魂に鎧を着せないと

狂ってくる 夢も見れない 
地獄界がメディアのあちこちから溢れて

君の魂を切り裂こうとするから

信心の針と糸で魂を縫合する

善良なものどもを団結させて
この時空の旅を行く

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.