FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/10/19(金)   CATEGORY: 自由詩
読書
あくまで明るい
快晴の一日がやって来た

朝は寒さを感じたが
太陽が顔を出すと
暖かな橙色の光線が
窓や木々や皮膚を満たして

小鳥のように留まって
この大地を優しく温めます

空には雲 太陽が反射して
黄金色に輝く 静かに流れて 雲

高層ビルの遥か彼方に
羽田空港からのジェット機が飛び立って
ゆったりと飛行しています

茂みの木々が揺れています 神の手
何時もいてくれる神の分身が
近くに御臨済だ

優しい神 厳しい神
この快晴に 木々を揺らし
神の手は牧歌的な風景を与えてくれる

この快晴に日向でシュタイナーでも読もう
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.