FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/10/15(月)   CATEGORY: 自由詩
光への郷愁
木陰に座り込んで
この丘の全体を見渡して
冷えたミネラルウォーターを飲み干して

私の秋は始まっている
天国の名残りのような
コスモス畑の外れで

強い秋の陽を受けながら
思い出に引きずられながら
秋の一日を過ごしている


光は歓喜を思い出さすか?
風は髪をなでて
天国と同じように吹くか?

青い空と白い雲は
天国の入り口か

夢はいつもの様にやってきて

光への郷愁に

まだここに留まる意味を見つけては
日々活動しているか

己の義務を果たせ!
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.