FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/10/15(月)   CATEGORY: 自由詩
コスモス
陽光がコスモスの花にとらえられて
まわるく湾曲すると
秋の一日はなお深まり

光がその透明度を増して
我々に迫り来て
秋の光の谷間に留める

空が限りなく青く
雲は遠く遠く流れて

私の夢みる才能は
大気圏へ昇ってゆく

コスモスが光の圧に屈し
その頭を下げるとき
光は喜びの歓声をあげて
飛び回り 風を起こす

何もかもが明らかだ
悪い企みで明るみに出ぬものはなく
髪の毛一本まで数えられる

そんな存在に絶体の信頼を置いて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.