FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/10/14(日)   CATEGORY: 自由詩
柴が燃えている
朝な夕なに太陽が燃えている
モーゼはヤハヴェ教を創設した
柴がモーゼの前で燃えた

モーゼが見たという
燃える柴を

私たちは毎朝毎夕見てるんだ

額の冷たい朝まだき
東の空が柴のように燃えている
真っ赤だ

三日月が架かる夕刻に
西の空は夕焼けて
燃えているだろう

モーゼの見た柴が
大気の中で燃えているのだ

我々は目撃している
モーゼが召しだされた時と同じ…

柴が燃えている太陽が燃えている
辺りは真っ赤に光が反射して

大気の尽きぬ柴が太陽が燃えている
出エジプトへの前触れ
神との契約

エジプトを出ると
太陽が朝焼け夕焼けて

柴が燃える
太陽が燃える
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.