FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/09/24(月)   CATEGORY: 自由詩
新約聖書
4福音書と使徒言行録、信徒への手紙、黙示録
新約聖書の構成だ

私が何度も何度も読み返すのは
マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの福音書

一人静かに戸を閉めた部屋で紐解けば
キリストが4福音書の中に生きていて
長髪の髪に碧眼の瞳で見つめていて

白光に輝き
病者を次から次へと癒してくれる
言葉少ない 神の子羊

ガリラヤ湖・デカポリス・エルサレム
この固有名詞の響きも
2000年前のことを伝える
舞台装置として
これらの書の中で響き渡る
2000年前の古代の匂いがする『聖書』

私は時にガリラヤ湖ノベゼダイの子
ヤコブとヨハネが網を入れて漁をするシーンが
大好きだ

湖を渡る風
くすんだ色調の岸辺

網を入れると大漁だ(今まで何も獲れなかったのに)

イエスは微笑みをヤコブとヨハネに贈る
「人間をとる漁師にしよう」と確信を持ってつぶやく

ガリラヤの風に消え去る出来事
彼らが去った後にはもう何もない
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.