FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/09/16(日)   CATEGORY: 自由詩
光 天国
太陽がこんなにも
輝きだして

何もかもが
「明るみ」に曝け出されて

密室の暗い企みは
もう日光に晒され萎えるから

天国がこんなにも近くにある

光が溢れかえり
僕たちはもっと知って取るべきだ

天国に手が届く事
「死」こそ最後の審判だからね

それにしても
光が眩しい
きっと天国もこんな風

僕は熱せられた空気を
肺いっぱいに吸い込んで
ヨガの真似ごとをして
仙人の気分で空を眺めて

天国にいる事を
実感する
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.