FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/09/15(土)   CATEGORY: 自由詩
維新の会から官僚へ4
わたしはお前たちを散らす

荒れ野の風に吹き飛ばされるもみ殻のように。

これがお前の運命

わたしが定めたお前の分である、と主は言われる。

お前がわたしを忘れ

むなしいものに依り頼んだからだ。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.