FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/09/13(木)   CATEGORY: 自由詩
維新の会から官僚へ
エゼギエル書
チィルスへの預言
28章1節~8節

主の言葉がわたしに臨んだ。「人の子よ、ティルスの

君主に向かって言いなさい。主なる神はこう言われる。

お前の心は高慢になり、そして言った。『私は神だ。私は

海の真ん中にある神々の住みかに住まう』と。しかし、おまえは

人であって神ではない。ただ、自分の心が神の心のようだ、

と思い込んでいるだけだ。おまえはダニエルより賢く、いかなる

奥義もお前には隠されていない。お前は知恵と悟りによって

富を積み、金銀を宝庫に蓄えた。お前は取引に知恵を大いに

働かせて富を増し加え、お前の心は富ゆえに高慢になった。


それゆえ、主なる神はこう言われる。お前は自分の心が

神の心のようだと思い込んでいる。それゆえ、私はお前に

対して諸国の中で最も暴虐な外国人を立ち向かわせる。

彼らはお前の知恵と誇りに向かって剣を抜き、お前の

栄華を汚し、お前を陰府に突き落とす。

お前は海の真ん中で切り倒されて死ぬ。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.