FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/07/20(金)   CATEGORY: 自由詩
今日という日
冷たい雨の降った 一日も終わり
時は夕刻へと流れ込んでゆく

照明を点けない部屋は
徐々に暗くなり
書物も読みにくくなる

君よ かけがえのない一日が終わるのだ
全宇宙に共通の「時」は待たない

今日が終わるのだ
空が薄暗くなってくる
街は夕闇に包まれて
ちらほら街灯が点り始めている

足早に帰宅する人々の靴音

今日のノートに目を落とすと
幾らかの詩文が新たに加わる

これを自負として 今日の満足として
神々に感謝しつつ 夕刻の祈りを始めよう

空は暗く

街に明かり
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.