FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/06/25(月)   CATEGORY: 自由詩
竹藪
竹藪のある 小道で
貴方と鳥の声を聞きながら
歩みを進めたい

空の上から
陽光は時たま降りてきて
微笑みを大地にこぼすから

地面に下草の緑が生い茂り
この竹林にアクセントを添えて

夢見がちな貴方は
虚ろな竹の節を叩いて見せて

銀河の心音と同期するから

白光する貴方は
100万光年の先を行く
星なのかも知れない

竹の葉が散って
小道に落ちる
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.