FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/06/10(日)   CATEGORY: 自由詩
天帝は知っている
天帝の鮮やかな気息が流れている

空を見上げれば爽やかな天の気

昔はこんな日々が延々と続いていた

雲は羊が放牧されたようにのどか

ねえ 君の大志をこの空に語ってくれないか

声の波動は爽やかな空気のなかへ溶け込んで

紫陽花の色彩のようなエーテルを咲かす

君の希望をそっと呟く 空であってほしい

この快晴に
心を纏めて
ペンを取る

空は天帝は知っている
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.