FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/05/07(月)   CATEGORY: 自由詩
食蓮人
そこは北の王朝
東に流れる渓谷はのどか

芥子の花の咲いて
信頼の風に揺れている

北の王朝の貴人ら
身眼麗しく
薄絹の衣 
風になびかせて

農夫ら心から
この土地に仕え
蓮の種を作る

食蓮人
古よりの貴人のならわし

蓮の種を食すと
冷たい夢を見るという

東に流れる渓谷の
山麓に広がる
食蓮の土地

貴人はあくまで清く
農夫は心地よい汗を流す

万年変わらぬ
生活が続く
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

HSパパ | URL | 2012/05/08(火) 19:59 [編集]
う~ん・・・ 蜀の地を連想してしまいましたよi-197

古代の四川にならあってもおかしくない、いや、きっとこの詩の中では存在したその地を思うと

なんだかロマンです。。
有難うございます
アハウ クニヒコ | URL | 2012/05/11(金) 09:20 [編集]
そうです古代中国や朝鮮をイメージしてかきました。
淡い記憶をたどって。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.