FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/05/04(金)   CATEGORY: 自由詩
夜の
夜の深みへと降りてゆく
午後10時の空気

草木の眠りと我が眠りが
一つに溶け合う場所で

あなたはきっと
草木染めのインクで
書き続けていて

それは昨日の晩に
私に届き続けていた

夜が瞬きを増やして
夜景に鎮まる時に

二人の心は
無限の銀河を航行する

友の星
赤い星
金星のように輝く場所で

午後10時の不思議に静かな
夜景を待つ

眠りが眠りを呼び
密やかな足音が響く場所で

あなたを待つ

きっと明日は晴れ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.