FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/02/16(木)   CATEGORY: 自由詩
御書から拾う
ともかくも死は必ずやってくる。そのときの嘆きは
現在の迫害による苦しみと同じである。
同じことなら(どうせ一度は死ぬのだから)、かりにも
法華経のために命を捨てなさい。それは、あたかも露を
大海に入れ、塵を大地に埋めるようなものであると
おもいなさい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.