FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/01/26(木)   CATEGORY: 自由詩
太陽風に帆を張って
太陽フレアが誘発する磁気嵐
イギリスで見るオーロラは綺麗

寒波の昼は
溢れかえる陽光に満ち満ちて
サングラスをして
ベランダのテーブルに持ちだす李 商隠選集

柊の植え込みに
ひっそりと残雪がある
春を切り開く前触れに

陽光の下に
眠り続けている
春を
揺り動かすために

古今集の春歌を読み上げて
冷たい空気を振るわせて
ページをめくって
十首 二十首
カップのコーヒーが冷えてしまうまで
読み上げて 読み上げて

暖かな春を
迎え入れる準備を整えている

もう二月
節分を過ぎて
名実ともに暖かな日々がやって来る

雲一つない空を見上げれば
光子はフレアして 嵐のように猛り狂い
太陽風は最大

君よ 帆を張ろう
我々の希望のように

惑星間航行に行くんだ

人類の春を迎える
準備をするんだ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.