FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/01/24(火)   CATEGORY: 自由詩
コーナーの花器
透明なガラス
花器に水 光る

百合の花の蕾
霞草の可憐な白
紫の小さな薔薇
観葉の緑

スポットライトの光暖かに降りて
ここに花束は存在していて
鎮まる空間を占める

何もかもが透明だ 水 花器 光
佇む場所には黒い壁紙が立ててある

紅 白 黄 紫
花々の色彩が踊り

ゆっくりとステップを踏んで動く
午後の時
暖房を利かせた部屋で

花器をしばし見詰める
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.