FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2012/01/11(水)   CATEGORY: 自由詩
霧の中で
曇天の朝に
湖面に霧が立ち
白鷺が羽根を休める
岸の大樹は冬枯れている

湖水が濁って
錦鯉の影は時々に
色をおぼろげに増しながら
湖面は波が乱れて水ぬるみゆく

時すでに南中を過ぎて
黒雲下り来て
白綿の雪
舞う

針も餌も無い
釣り糸を
静かな湖面に垂れ
自然と語らう仙人への驚愕
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.