FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/12/31(土)   CATEGORY: 自由詩
12月最後の日
夕陽が人影を長く伸ばして
1000倍の輝きを持つ太陽が
沈み始めた

日没の方向を追うと
そこは大陸 
大中華帝国が控えている

眠そうな列島
関東平野の端で

あの丘に登り
愚か者のように
ずっと夕陽を見詰めた

区切りの一日が終わる

新たな戦いの日々を前に
夕陽を見送り
ことに美しい鶴の飛翔をイメージしている
今年の暮

夕闇につつまれる前に
空が大きく深呼吸して
色彩が豊かに溢れる
そんな空を鶴は横切り
淀んだ池の亀が水面に顔を持ちあげ

道教の導師が太鼓橋を渡ると
日いずる国は嗚咽をこらえて
涙を流れるままに
関東ロームの黒い土を湿して
そこにヒヤシンスを咲かせて

祈った

孤独の旅路に
感傷はいらない…

潔く戦うのみ

題目唱えて


前へ 前へ と
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.