FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/12/14(水)   CATEGORY: 自由詩
曇天に意識は流れて
灰の空が降りてきて
あなたが瞳で射る
宇宙の星は
今 産まれ落ちている

紅葉のイチョウの木が
風に吹かれていて
葉を落とすと
今日の曇天が明るむ

世界はざらついているようでも
我らの船は
鏡のような湖面を滑る
静かに着々と

確実に進む船
嵐のような出来事はきっと幻
音も無く航行する
目を細め見詰めている

灰色の空に
明るく輝く星が
降りて来る
確かきのうの夢は

クリスマスツリーが
地球大になって
小枝に雪が積もり
ウグイスがさえずる

聴いている
音楽は
綺麗な自然音で出来ていて
録画・録音を意識する

この雲の上には
常勝の太陽が
輝いていて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2011/12/16(金) 09:42 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お元気そうですね!
アハウ クニヒコ | URL | 2011/12/17(土) 08:28 [編集]
心配はしてなかったよ!
君の事だからまた新しい興味を見つけたかな?って…
君の前世はフランス、お父様は学者かな?
獅は己の子を谷底に突き落とす!
勇気を持って登ってこいとの願いをかけて…

君よ勇者の道を登れ!!!

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.