FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/12/01(木)   CATEGORY: 自由詩
寒さの中に希望
権力者の心が嘘で塗り固められて
天変が不順

寒さなら一枚多く着重ねて
暑ければ半袖が良いさ

天変が乱れると悲しい
大きな地震がここそこで起きて
打ちひしがれる折れそうな心


しかし何度でも立ち上がるさ
快晴の冬晴れに富士山
今日 私がこなすべき仕事
日々人間革命して
不善を寄せ付けず
退廃を撃退して

スクスクと育つ青竹

このように心を纏めて
書き綴る
日記のようなもの


今日 生き延びた事を
神に感謝して
御本仏に供養して
神々を慰めて

今日を保てたことを
人々に感謝する お陰様

市場には物が溢れ返り
街頭に有線の音楽は流れ
今日寒さが身に凍みるが
一枚多く着てやり過ごす智慧

天変が乱れて
権力者が醜態を寒空に晒しても

民衆には暖かな人の温もり

明日がある
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.