FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/11/30(水)   CATEGORY: 自由詩
ある告白
体持たぬ八百万の神々に唯物論の本読んでやって日本晴れ


天才はあらゆる立場の人間に創造の因与えて魯迅とマルキスト


中沢新一先生のお父様は共産党の議員だったと聴いただけで解放された


マルクス主義者のパーティーに冷製オードブルが出て宮司ガツガツ


御神籤に赤旗付ける神社が北海道にあるらしい


天津祝詞が赤旗に転載されるほど日本共産党は太っ腹だ


神社の境内に歯車と稲穂の赤色旗翻る夢


震災以降「絆」を結ぶのは完成した個人主義者だ


聖教新聞購読しつつ赤旗日曜版を読むほどの志


若者よ大志を抱くのも「才能」創価へようこそ


品性下劣とは国家公務員にためにとっておいた言葉 こちら沖縄!


「維新の会」が政権とったら警察と軍隊が血の弾圧するんでしょうね…


共産主義の理論武装して初めて慈悲のなんたるかが分かった


歴史は人の心に巣食うエゴイズム蹴散らす行為でダイナミックに動いている


善性は正義は勝たなくてはならぬ さもなくば銀河が崩壊する


人間革命は階級を選ばず遂行される
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.