FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/10/18(火)   CATEGORY: 自由詩
曇天の上で
曇天がヒタヒタ押し寄せて
私は深呼吸をしながら
天の気息とリズムを合わせている

ああ今日も
神は善人と悪人を
振り分けるため
天変地異や
人生のちょっとした出来事で

篩をかけている

出来事が決意を促す
この島国では
狐の騙しが多いが

心をまとめて
天の銀線と結んで

神や天使
善良な人々の
行為や言葉は
生きる糧

この都会にも
月天子は輝き
天界の息づかいが見えて

曇天の雲の上で
日輪は
輝き続けている
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.