FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/10/03(月)   CATEGORY: 自由詩
迫害者へ
迫害の者たちよ
さあ真実を語ろう

100人に満たない関係者よ
ここに集いて

秋のキャンプファイヤーを囲んで
温かな豚汁が用意されて

意地悪の者たちの
慈悲の発露を待ち続けている

さあセラフィムの羽根の中へ 抱かれよ
内部へ 内側は
手術室のように明るくて
光が霧のように濃厚で
爽やかな光圧が支配して
「善」へのメタモルフォーゼが日常

真理を語る鏡の前に立つ

己の行為を見詰める
十分な時間と食べ物

どこからともなく
天上の音楽 煉獄の音楽
聴こえている 希望

それは40年前に聴いた Beatles

ALL YOU NEED IS LOVE

我が復讐の黒曜石の矢じり
桜 散る如く

ポトリと音を立てて
大地に休み

後は100万年の時が
流れるのみ

日は昇り 日は落ちて
月は満ち 月は引く

アイシテル

スベテノ

ソンザイ ヲ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.