FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/09/26(月)   CATEGORY: 自由詩
風の人
長くなり始めた
この夜に夜景を見降ろし
昏い空に雷神が踊っている

私が眠るための部屋に潜り込むと
空想の風が吹いていて
己の寝息を聴き続けて

部屋に吹く霊風は高山を想わせて
この身を委ねて滑空する

光る繭玉を作って
悲しい空想から吐き出す
影絵の物語のように淡い

通過するモンスターのイメージと
決着をつけて やり過ごすと

明るい森が開けて
爽やかな空気に小鳥はさえずる
朝日の村にたどりついている

みんな風の人
風のファンタジー

鬼ごっこをしている子供たちに
体育を教えている女教師に
ラテン語のイディオムを暗唱して

髭のおじいさんの膝で眠る
猫のような子供

この寝間で
二つの世界に
生きているって
言ってやるさ

世界 世界は
太陽のように
美しく輝いている

あちら側
こちら側

光 満ちて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんは
kazu24 | URL | 2011/09/26(月) 23:37 [編集]
台風は、私の地元で強い勢力でした
閉めた雨戸に風が叩きつける感じを続けながら
数時間が長く感じるように思えました

今回は、通過が夜でしたので見られませんでしたが
夏の昼に、台風が過ぎた後の空に大きな虹が掛って
空は、綺麗な光を射していた事を思い出しました。
お心使い
アハウ クニヒコ | URL | 2011/09/27(火) 07:35 [編集]
いつも気にかけていただき感謝しております。

地球の天候も変化の時、お体を大切に!

地球の環境はどう変わるのでしょう?

少し興味があります!

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.